シティズンシップ教育ミーティングに参加しました!

2019年3月23日・24日


日本シティズンシップ教育フォーラム(J-CEF)主催の『第6回シティズンシップ教育ミーティング』に、YOUNG CONEXIONの高校生が3名参加をさせていただきました。

また、24日に開催された『高校生ワークショップ』の進行を担当させていただきました!

全国の高校生が集まる中で、様々な刺激をもらったようです(^^)


以下、参加した高校生の感想です。

他団体の活動を知り、自分たちの活動を活性化させたり、刺激を受けたりすることを目的として、初めに各団体の活動紹介や課題に対して他団体の人から意見をもらうことをし、次にJ-CEFの構想や課題についてグループトークをしました。
知らないだけで様々な所で様々な人が自分たちで社会や政治などに疑問を感じて行動していることを知ったのでいい収穫になりました。(永見)


今回の高校生ミーティングで、他の高校生団体がくるという事は知っていたけれど、相手がどのような活動を行なっているのかということはほとんど知らずに参加しました。
お互いの活動を知り、自分たちの活動を振り返るための団体紹介では、全国の高校生が、社会について関心を持ち、活動に取り組んでいる事を知りました。同じ高校生として、活動にかける熱意等に刺激を受けました。
その後のグループトークでは、J-CEFの課題について、当事者である高校生の意見を反映させるために高校生だけで話し合いました。
そこでは、自団体の良いところと悪いところを発見することが出来たので、この経験をヤンコネ のみんなにも伝え、地域という小さな枠組みから高校生が行う主権者教育の活動の輪を広げていきたいと思いました。(徳永)


色々な県の団体と活動を共有しあったり、課題を共有しあい、解決しあうことはとても刺激になりました。
各地の人が土地ならではの活動をしていて、あまりそのような活動が盛んでない地域でも活動を始めることによって社会が良くなっていくのかもしれないと思いました。(前)


シビックスクール | こども・若者とよのなかをつなぎ、シティズンシップ(主権者意識)を育む教育活動を展開!