civic School④:模擬裁判をしてみよう!

こんにちは!オチセンです!

civic School4時間目のテーマは、「模擬裁判」

白雪姫を題材に、王妃の犯行を問う裁判を行いました。


今回は、愛媛大学法文学部で、主に刑法について学習をしている岡部雅人准教授のゼミ生が授業を担当しました。

裁判の仕組みや裁判員制度について、わかりやすく説明をしていただき、早速裁判に入っていきます。

今回は、全員が裁判員としてジャッジに加わるという形でグループワークを実施しました!

高校生たちも、

・ 説明がわかりやすかったし、テーマもわかりやすかった。

・ 自分と違う意見も取り入れつつ考えるのが難しかった。

・ 実際の裁判も証言が入り混じって大変だと思った。

と、いろいろと各自が学んだことがあったようでした。


岡部ゼミの皆さん、どうもありがとうございました!!


civic Schoolは、社会の仕組みを楽しく学びあいながら、生きる力(知恵や感覚)や社会における思考力や行動力・コミュニケーション力を養い、シティズンシップ(主権者意識)を育むプロジェクトです!

小中高生と学び合いの場を共有したいという方は、ぜひご連絡をお待ちしています(^^♪

KoDoMo University | 社会を楽しく学びあい、シティズンシップ(主権者意識)を育む教育活動を展開!