「こども達の主体性を育む」シビックスクール

 よのなかを知る、お互いの考えを認め合う、学びが楽しくなる

小学生から社会人まで幅広い層を対象に、よのなか(=実社会)のしくみを楽しみながら学ぶことで、よのなかへ参画する意識を育むと同時に、こども達の「学びのモチベーション」や「学びの持続力」を育みます。

 シビックスクールは、「よのなか(=実社会)とつながることで、自分と社会の将来を豊かにするきっかけを提供したい」という想いが原点にあります。

ここでの学びは、様々な社会の課題について自ら考え、選択し、議論することを通して、自分なりの考えを表現したり、行動する力を育むことを大切にしています。

また、そのような主体的な学習活動を通して、こども達の「学びのモチベーション」や「学びの持続力」を育みます。

 シビックスクールに、「先生」や「生徒」はいません。テーマについて様々な価値観をぶつけ合い、意思決定をする過程を通して、全員が同じ目線で学び合うことを大切にしています。

お互いの価値観を認め合い、深め合うことが、コミュニケーション力やシティズンシップの向上につながることから、そのような場づくりに力を入れています。

勉強に対するモチベーション

持続力

論理的思考力
試行錯誤する力

議論する力
コミュニケーション力
シティズンシップ

シビックスクールが重視する3つの学び

シビックスクールでは、一方的な講義スタイルではなく、双方向のワークショップスタイルで授業を行います。

ゲームやシミュレーション(模擬)など、

実際のよのなか(=実社会)をイメージしやすい学びの場を提供することで、

シティズンシップ(市民意識・主権者意識)を育むと同時に、

自分や社会の将来とリンクさせ、学習意欲の向上につなげることを大切にしています。

「教わる」だけではなく、「学び合い」を重視

よのなかにある事実は決まっているかもしれませんが、どのように考え、なぜそう思うかは、様々な価値観があります。そういった価値観に触れることは、自分のこれまでの価値観を深めたり、ときに変えてくれることすらあります。スクールの授業では、様々な学年が混ざったグループを作りグループワークを行ったり、ゲストをお招きしお話をしていただくことを通して、自分なりに考える力を育みます。

「暗記」だけではなく、「活かすこと」を重視

私たちが生活している「よのなか(=実社会)」に答えはありませんが、「話し合い、答えを作る」機会がしばしばあります。スクールの授業でも、実際の社会の課題をテーマに、議論や発表、意思決定を通して、自分の価値観だけでなく、他の価値観を受け入れる力や、協力してさらにいい答えを作り上げるなど、「答えのない答え」を探り合います。

「学びの結果」だけではなく、「学びの過程」を重視

こども達が持つ「無限の可能性」を伸ばすためには、「実際に体験や経験をしてみる」ということが大事です。体験や経験といった試行錯誤を通して、こども達はよのなかにおける自らの価値を知り、自らが主体的に行動する大切さを学びます。単に「結果」を求めるのではなく、「過程」に寄り添うことで、自分と社会の将来を描けるようサポートをします。

学校での学びと実際のよのなかをつなぐことで、学校での学びの意義や価値を知り、学びのモチベーションを高めます。

ボードゲーム、模擬裁判や模擬職業体験など、体験型、双方向型のプログラムで学びを深めることができます。

プログラムを学んだこども達が主体的に地域やまちなど実社会に関わっていく場を提供しています。